我が家のあれこれ〜1階壁掛けテレビ〜

壁掛けテレビ

壁掛けテレビ

 

我が家は一階のリビングのテレビを壁掛けにしました。

壁掛けテレビ間取り図

初めのうちは・・・

当初は、子供がまだ小さく、新しいテレビを買っても壊されたら最悪だ。。。と思い、これまで使っていたテレビを普通に使い、いずれ新しいテレビを購入した際、壁掛けにしようと考えていました。
壁掛けの仕方やサイズなどは、また新しくテレビを買ったときに考えればいいかと思っていました。

が!インテリア設計の担当の方と打合せ中に、テレビはどうする予定?との話になり、上記のことを伝えたら、今のうちにやっておいた方がいいということになり、下地を入れることに。
よくよく考えたらその通りでした。後から壁掛けにするにしても、下地が必要となるため、事前に入れておいた方がいいです。

まだ、テレビのサイズや、位置などが決まっていなかったため、テレビがくるであろうところは石膏ボードではなくベニヤ板にしてもらいました(工作で使う薄いやつではなくて、ビスが効く厚いやつです。)これで、どこの位置でも取り付け可能です。

下地の他にも事前準備

そして、設計士さんから言われなかったら気付かなかったのですが、壁掛けにしたときのテレビに繋がるケーブルの処理です。

何もしないとテレビからケーブルがだらんと垂れ下がります。これも、よくよく考えればそりゃそうだと。
専用のカバーのようなものもあるようですが、見た目がイマイチなようです。

結局、壁の中を通さなければならないのですが、部屋の中にくる壁(断熱材が入っていない)ところはすんなり通せるのですが、我が家のように外と接する壁は断熱材が中に詰まっており、ケーブルが通せません

そのため、そこだけ壁をふかす(厚みを増す)ことに。ただ、極力薄くして欲しかったので、ケーブルを通すところに本来はケーブル用配管を入れるところ、我が家はそれを無しにしました。

極力薄くしても11cmほどの厚みに。

さて、設置します。

壁掛け用の金具は、ネットで購入しました。購入したテレビのメーカーオプションではなく、壁掛け用金具の専門店が検索すると出てくるので、テレビの重量を考えながら選定しました。価格は1万5千円くらいでした。

壁掛け用金具は、施工手順書を見ながら電動ドライバーを使い設置。

ここで最重要ポイントなのが、テレビを設置する高さです!
置き型のテレビでは、考えてもいなかったテレビの高さを決めなければなりません。

我が家では、さまざまな位置からテレビが見えるようにしたかったため、ダイニングからでも、ソファに座った状態でもステップフロアからも良い高さにする必要がありました。試行錯誤の結果、床からテレビの中心が105cmの高さにしました。
(ステップフロアについては:我が家の間取りの説明〜1階〜

次は各ケーブルの配線。
壁には、ただ単に、壁の上下に穴が空いており、なんとかしてケーブルを通すだけです。私は、最初に細い紐に重りをぶら下げ真下に落ちるようにし、仮の紐を通した上で、その紐にケーブルを付け、紐を引っ張るとケーブルが穴を通る!というやり方で通しました。

意外とケーブルの本数が多いです。

  • 電源用
  • LANケーブル
  • HDMIケーブル
  • ハードディスク用ケーブル 2本
  • テレビ線 2本(地デジ・BS)

計 7本!

ゲーム機なども使うともっと増えるかもしれません。

基本的には、ケーブルを通す際は、マスキングテープなどで、ひとまとめにして通すと良いです。
ケーブルが通っているところに、さらにケーブルを通そうとすると、既にあるケーブルが邪魔してなかなか穴を通りません。
ちょっとイライラしますが、頑張ればなんとかなります!

壁掛けテレビ裏 上
上の方、テレビの裏

下の方、テレビ台(今はハードディスクなど収納)の裏。ケーブルがすごいことになってます。
壁掛けテレビ裏 下

 

仕上がり

結果的な仕上がりはこんな感じ!

壁掛けテレビ

スッキリしていい感じです。

結局ですが、引っ越しに合わせ、テレビ買っちゃいました!
もう、勢いとノリですね。

ここの壁だけ出っ張るので、壁紙も変えちゃいました。

ちなみにテレビは東芝REGZAの「 58Z810X 」です。

我が家には58インチというサイズがちょうどよく、操作性や映像もキレイとのことでコレにしました。
口コミで「テレビの概念が変わる!」と書かれており、ほんとかなぁ~。。。と思っていましたが、これがまぁ見事に変わります!
タイムシフトマシン。凄いです!

途中から見始めた番組がスイッチポンで初めから観れる。当然早送りもできるので要点だけ見直して現在に追いつくこともできる。
通常の番組表に加え、過去番組表が!今の時間はつまらないものばかりだから昨日の番組で何か面白いのないかな?と探すことも可能。
私としては、録画し忘れた映画を観ること&録画も出来ちゃうことが素晴らしいです!

指定された時間、指定されたテレビ局の番組全てを常に録画している状態のようです。
詳しくはメーカーページや口コミサイトで。

個人的にはとても良いと思います!

最後は家電の話になってしまいましたが、今回はここまで。

ではまた〜。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 パナホームへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です