我が家のあれこれ~セントラル浄水~

セントラル浄水内部

セントラル浄水

 

今回はあまりパナホームには関係がありません。パナホーム情報目当ての方すみません。

しかし新築を検討されている方はぜひこちらも考えてみては??というものです。

我が家が採用した「セントラル浄水」についてです。

セントラル浄水って何??と思われる方もいると思います。私もそうでしたから・・・。

 

セントラル浄水とは?

簡単に言うと、

おうちのお水、まるごと浄水器」です!

こんなものが世の中にはあるんですね。妻に提案されるまで知りませんでした。
パナホームの営業さんもピンと来ていませんでした。

原理は簡単で、上水道から引き込む水道配管が各箇所に枝分かれする前に、浄水器を通してしまいましょう!というものです。

大元に浄水器を付けるので、それ以降の水はすべて浄水器を通った水になります。
キッチンはもちろん、お風呂、洗面、トイレなど、全て浄水された水です。我が家では、お庭の水道も浄水されています。

特に、肌が弱い方は、お風呂の水が浄水されていると調子が良いそうです。子供も小さいうちは肌が弱いため、良いみたいです。

我が家では、最近、メダカを飼い始めたのですが、カルキ抜きをしなくてもそのまま水が使えます!

実際の機器
セントラル浄水

中身はこうなっています。
セントラル浄水内部

水道管の大元に取り付けるため、家の中ではなく、屋外に機器を設置します。真ん中の太いところに浄水カートリッジが入っています。

我が家のセントラル浄水~ReFINE~

このセントラル浄水、調べてみると割と多くの業者があり、それぞれ特徴があるため、非常に迷います。

その中でも、我が家は「ReFINE」というセントラル浄水を採用しました。
セントラル浄水 ReFINE  株式会社エイチツー 公式ページ

こちらに決めた理由は

1、住んでいる愛知県の企業であったこと(何かあったときの対応が早い
2、ランニングコストが費用が比較的に安い
3、浄水カートリッジが何回でも交換できる!

何よりの魅力が「3」のカートリッジの交換が何回でも無料というところです。

他の業者ではほとんどが1年、1本と本数が決まっています。

浄水カートリッジはいわゆるフィルターのような構造のため、使用していると汚れが溜まり性能が落ちます。1年1本でも性能の許容範囲内なのでしょうが、1年の最後の方はやはり性能は落ちていきます。

その点、ReFINEは、半年で交換といったことが可能です。

ただし。。。交換は自分で行います。

 

浄水カートリッジの交換

この度、交換用カートリッジが届いたため、早速自分で交換してみました!

交換用カートリッジ
交換用カートリッジ 長さは約60cmほどあります。

セントラル浄水内部
カバーのふたを外し、青いレバーを横にして水を止めます。(写真はまだレバーが縦の状態)

カートリッジ取り外し
両側のキャップを外し、中央の上にあるネジを外すと、真ん中の部分が外れ、さらにクランプを外すと、中身を取り出せました。
(溜まった水がこぼれてくるので、注意! カートリッジが黒く見えるのは、汚れではなく、濡れているからです。)

下のネジを外すとカートリッジが取れるので、新品に交換!
新品に交換後

あとは、逆の手順で元通り!

写真を撮りながらでも、10分程度で交換できました!

思ったより簡単です。

取り外したカートリッジを乾かすと
外したカートリッジ

拡大
外したカートリッジ拡大

分かりづらいかもしれませんが、新品に比べると、少し黄ばんでいます。

汚れを取ってくれている証拠ですかね。

とりあえず、半年の使用でこれくらいです。見た感じ、半年では性能が落ちていることはほとんどなさそうです。地域や使用頻度にもよるので、参考までに。

セントラル浄水のデメリット

最後に、セントラル浄水のデメリットも書いておきます。

・ランニングコストが月3000円くらい(業者によりいろいろです。ミネラルが付加されるなど高性能のものは高いです。)
・塩素が抜かれるため、水が腐りやすい。(普段の生活では問題ありません。お庭でプールなどをし、何日か水を放置すると腐りやすいとのこと。ちなみにReFINEでは、レバーの操作により、一時的にカートリッジを通さないこともできます。)

ミネラルウオーターを買ったり、ウォーターサーバーを置くよりはいいかな?お風呂の水も塩素が入っていない方が肌にはいいかなと思い我が家は導入しました

導入するなら、配管が汚れていない新築の状態がいいようです。

なお、新築で設置の際はハウスメーカーに必ず伝えた方がいいです。水道の配管の関係で業者とハウスメーカーでやり取りをしてもらった方が設置がスムーズです。

よかったら、「セントラル浄水」検討してみて下さい。

それではまた~。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 パナホームへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です