我が家のあれこれ〜カーテン〜

リビングカーテン

我が家のカーテン

 

今回は我が家の一階のカーテンについてです。

ちなみに我が家の間取りについては:我が家の間取り〜1階〜

南側カーテン

まずはリビングの南側窓のカーテンです。

リビングカーテン

おっきくドーン!という窓に見えるだけです。
実際は高さ2.2m x 幅1.8mの普通サイズの窓が柱を挟んで二枚並んでいるだけです。

このカーテンレールは天井に直付けしています。そして幅も窓より片側20cmずつ広くしています。
つまり、縦にも横にも一回り大きなカーテンを付けています。

カーテンは川島織物です。

天井部分がスッキリと見え、カーテンを閉じたときは、大きな窓があるように感じます。

また、カーテンの幅を広くしているため、カーテンを開けたときは窓全体が見え、これも窓が大きく見えます。
もちろんカーテンの値段は上がってしまいますが、おススメの取り付け方です。
ちなみに、ふさ掛けも20cmほど窓枠から離しています。

なお、我が家は一階は天井高さを2.5mにしています。

金銭的に余裕がある方は縦型ブラインド(バーチカルブラインド)がやはりオシャレ&カッコいいと思います。
最近はレース付きの物もあるようなので、検討してみてはいかがでしょうか?

ダブルシェード

こちらはリビングのテレビ横のダブルシェード
リビングダブルシェード

開けると
リビングダブルシェード2

大きなカーテンと同じ生地を使っています。

ダブルシェードは、折りたたみながら開くので、最終的に上の方、10cmくらい生地が溜まります。
どうしても開口を大きく取りたい場合は下にあるプリーツスクリーンの方が、大きくとれます。

プリーツスクリーン

こちらはステップフロアのプリーツスクリーン。
(ステップフロア?という方は:我が家の間取りの説明〜1階〜
リビングプリーツスクリーン

開けるとこんな感じ
リビングプリーツスクリーン2

このプリーツスクリーンはチェーンタイプではなく、

リビングプリーツスクリーン取っ手
この取っ手を持ってレース部分を上下させます。
とても楽チンですが、お店の方曰く、あまりに素早く動かすと中のバネが壊れてしまう恐れがあるとのことで、チェーン式の方がその点は良いようです。

また、ここはステップフロアになっており、1段上がって(約30cm)いるので、取っ手を持って上まで開閉できますが、通常の場所では、一番高いところで2.2mくらいになり、背が高くないと届きません。(もちろん、窓の設置高さ・サイズによります。)

取っ手式を選ぶ場合は窓の高さに注意して下さい。

和室じゃないところにプリーツスクリーンは合うかなぁと少し不安でしたが、特別、違和感なくいい感じです。

んで、和室のプリーツスクリーン
和室プリーツスクリーン

こちらはチェーンタイプです。

ちなみにどちらもニチベイ製です。

カーテンをハウスメーカーに頼む?

一階はそれなりにいいカーテンを付けました。
二階は自分たちでホームセンター等で購入して付けました。。。節約です。

カーテンは基本的に最後に決めることになるかと思いますが、それまでの間で、すでに予算オーバーなんです。結構多くの人がそうなってしまうのでは。。。
当然、最初に予算取りもしていますが、最低限の範囲でした。残念ながら、カーテンにあまりお金を掛けられない状況に陥ってしまいます。

ですが、カーテンは部屋のかなり大きな面積を占めます。存在感もデカいです。
カーテン1つで、せっかくこだわって作ったお家が安っぽくなるのは残念なので、これから建てられる方はカーテンのことも予め考えておくと良いと思います。

それではまた~。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 パナホームへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です