パナホーム全館空調エアロハスについて

全館空調エアロハス

 

私がパナホームに決めた理由の一つの全館空調エアロハスについて。
私自身、検討時にエアロハスの口コミをいろいろ調べたんですが、使用感については全然出てきませんでした

発売開始が2017年の夏頃なので、発売開始後、実際に設置された家が建つのが冬の時期。我が家が建設されたのが2018年の2月なので、検討段階(2017年9月頃)では実際に使用した口コミはほとんどありませんでした。

私は2018年の2月から住み始めたので、エアロハスの暖房効果を実感したのは2月からの1.5ヶ月程、冷房の効果を実感しているのはこの夏です。

(追記:2018年夏の使用状況  パナホーム全館空調エアロハス〜電気代 2〜 / パナホーム全館空調エアロハス~電気代3~

設置コストや、設置場所の制限、動作音など、検討されている方はいろいろ気になるかと思いますが、まずは使用開始時のこと。

使用開始時~冬場~

先にお伝えすると、今のところ非常に満足しています。

まず、2月中旬から住み始めたのですが、今年の冬はとても寒かったです。その状態から入居し、早速エアロハスを動作させましたが、一向に暖まらない!数時間経っても暖まらない!
ですが、事前にいろんな全館空調を調べていたので、すぐに暖まらないのは知っていました。

エアロハスのようなタイプだと、冷え切った状態から暖まるまで、丸2日はかかるかと思います。基本的に常に電源は入れっぱなし、設定温度に達したら自動的に動作停止、少しでも寒く(又は暑く)なったら動作開始。という運用です。

建築時は鉄骨むき出しのまま、マイナス何℃という気温に晒されて建設されていきます。完成したときも、全てが冷えきった状態なので、それを20℃近くまで家全体を暖めるのに相当時間が掛かります。

私の場合、完成後、元のマンションから2週間ほどかけ少しずつ荷物を移動させていましたが、まだ住んでいないときもずっとエアロハスは稼働させていました。
(まだ住んでないのにエアコンが付けっ放しだよ!とお隣さんからパナホームの方に連絡が入ってしまいました。)

数日後、暖かくなりました。

数日後、家全体の温度が上がったせいか、暖房も寒いときだけ自動で稼働するようになり、過ごしやすい環境に。どこ行っても寒くなく、とても快適です
ただ、かなり乾燥気味になります。全館空調や高気密の家は乾燥しやすいといいますが、個人的には近年建てている家は冬は全部乾燥気味なのではと思います。
現在の住居は24時間換気をし、2時間で部屋の空気が入れ替わるようになっているので、冬場は必ず乾燥気味になります

前住んでいたマンションは24時間換気が義務付けられる前のものだったため、乾燥はしませんでした。が、窓の結露が半端じゃない量でした。

乾燥対策として、我が家ではほぼ毎日、部屋干しをしています。パナホームは珪藻土入り石膏ボードで湿度調整(どちらかというと湿気を押さえる効果かもしれませんが)というのがあるため、自然の力で湿度を適度に調節してくれます。そこもパナホームに決めた理由でもあります。

全館空調エアロハスについては  カテゴリー:エアロハス をご覧下さい。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 パナホームへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です